So-net無料ブログ作成

型について(int)3 [型について]

昨日、出力データの変換形式のやり方が

わかったので、ちょっとint型に戻って

8進数と16進数を表示できるか確認したいと思います。

型:int

変数:a,b,c,

出力データ変換形式は
・10進数:%d
・8進数:%o
・16進数:%x
でやってみたいと思います。

プログラムを組む前に、

10進数、8進数、16進数、2進数を確認しましょう!

①10進数
 これは、いつも私たちが使用している数字ですね。
 下位の位が9を超えると上位の位が0から1となり
 カウントされていきます。
 例えば10進数の「18」は
 (10×1)+(1×8)=18となります。

②8進数
 これはほとんどの人が聞きなれない言葉だと思います。
 理系の人も8進数はほとんど使わないと思います。
 これは下位の位が7を超えると上位の位が0から1
 となりカウントされていきます。
 10進数の「22」を8進数で表すと「26」となります。
 8進数の「26」を10進数に変換すると
 (8×2)+(1×6)=22となります。

③16進数
 これは理系の人であれば勉強したことがあるかと思います。
 下位の位が15を超えると上位の位が0から1となり
 カウントされていきます。
 10進数の「58」を16進数で表すと「3a」となります。
 ん?まちがえ?
 間違えではありません。
 16進数では0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,a,b,c,d,e,fが数字なのです。
 16進数のa~fは10進数で10~15を表します。
 16進数の「3a」を10進数に変換すると
 (16×3)+(1×a(10))=58となります。

④2進数
 これは、コンピュータを使用する人であれば何となく
 聞いたことがあるのではないでしょうか。
 コンピュータは「0」と「1」で出来ている!!
 そう、「0」と「1」で表すのは2進数です。
 10進の「42」を2進数で表すと「101010」となります。
 2進数の「101010」を10進数に変換すると
 (32×1)+(16×0)+(8×1)+(4×0)+(2×1)+(1×0)=42となります。
 
 2進数は出力データ変換形式はないみたいですが、
 コンピュータと関係の強い表し方なので
 8、10、16進数の説明と一緒にしました。

 ちなみに
 秒は60進数となります。
 60秒は1分だからです。
 分も60進数です。
 60分は1時間だからです。
 それでは時間は何進数でしょうか?
 答えは24進数です。
 24時間は1日だからです。
 それでは日は何進数?
 365進数!
 365日は1年だから。
 それでは月は何進数?
 12進数!
 12カ月は1年だから。
 年は何進数?
 10進数です。

ではプログラムを組んで確認してみましょう。
13011701.jpg
実行結果
13011702.jpg
問題なく、10進数、8進数、16進数が表示できました[わーい(嬉しい顔)]


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。