So-net無料ブログ作成

型について(long)4 [型について]

今回はlong型について確認します。

long型は倍長整数型とも言われるため、

恐らく、int型(整数型)の倍の整数が扱えるのではなかと

思います。

型:long
変数:a,b,c,d,e,f,g,h,i,j
出力データ変換形式:%d

でプログラムを組んで確認したいと思います。

13012101.jpg
実行結果
13012102.jpg
・-2147483649 → 2147483647
・2147483648 → -2147483648
となり異常表示となりました。
上記2整数以外は正常表示でした。
つまり、long型は-2147483648~2147483647の
整数が代入可能ということです。
これはint型と同じです。
なぜ、同じ範囲の整数を代入するのにint型とlong型が
あるのか調べてみました。

int型は「short int型」、「int型」、「long int型」があるそうです。

①long int型
-2147483648~2147483647の整数が代入可能
な型とのことです。

②int型
DOS時代はシステムが 16ビットのため、-32768~+32767の
整数しか代入出来なかったそうです。
今はPCの性能が良くなってint型でもlong型と同じ範囲の
整数を代入できるようになったのではないかと思います。

③short int型
-32768~+32767の整数が代入可能な型とのことです。
確認してみましょう。
13012103.jpg
実行結果
13012104.jpg
・-32769 → 32767
・32768 → -32768
となり異常表示となりました。
上記2整数以外は正常表示でした。
調べたとおり-32768~32767の整数が代入可能と
いうことです。

なぜ、代入できる整数の範囲が大きかったり、
小さかったりする型が存在するのでしょうか?
これも調べてみると
昔はPCの性能が低かったためint型は代入できる
整数がshort int型と同様に-32768~32767だったそうです。
PCの性能が高くなるとint型の代入できる整数は
long int型と同様に-2147483648~2147483647となった。
とのことです。
ということは、今のほとんどのPCでは使い分ける必要は
なく、int型で用が済んでしまうということですね。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。