So-net無料ブログ作成
printfについて ブログトップ

printfについて3 [printfについて]

先日、printf("@@@@")で@@@@に
ひらがな、カタカナ、記号、漢字、英語を記入し
それぞれ表示できました。
これは、
定数を表示したことになるそうです。

定数
①数値定数(8進数、10進数、16進数、浮動小数点定数)
②文字定数(1文字のこと。「A」や「あ」などのこと)
③文字列定数(複数文字のこと。「ABC」など)
で分類されるそうです。

8進数、16進数は高校で理系に進んだ人なら
わかると思います。
10進数は普通の数字のことですね
1、2、3、・・・10・・・100・・・


次に、変数というものがあるそうです。
変数
簡単に言うと中学の数学で
y=x+1  
x=1のときyはいくつでしょう?
x=12のときyはいくつでしょう?
というような問題を解いたことがあるかと思いますが
この 「x」のように何かを代入する
ための文字のことを変数と呼ぶようです。
ようは、xは1でも12でも10000でも、時には文字や記号等
が代入され、どんな物にも変わる数ということで
変数ということですね。

さらに、この変数はどのような物が代入されるのか
というもので決める必要があるようです。
つまり、上記でも書きましたが数字や文字や記号等が
代入されることが予想されますが、コンピュータは何が
代入されるかわからないため、あらかじめどんな物が
代入されるか決めてあげましょうということのようです。

ではどのようながあるのか。

①int型(整数型)
②char型(文字型)
③long型(倍長整数型)
④float型(単精度浮動小数点型)
⑤double型(倍精度浮動小数点型)
というものがあるそうです。

推測ですが恐らく
①はこの変数は整数のみ入りますと決める
②はこの変数は文字のみ入りますと決める
ということだと思います。
③、④、⑤はまったくわかりません・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

次回は実際にプログラムを組んで上記型を
確認してみたいと思います。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

printfについて2 [printfについて]

今日は、改行、スペース、バックスペース、警告音

をプログラムしてみたいと思います。

[1]改行
1301101.jpg
実行結果
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ABC
あいう
続行するには何かキーを押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ABC\nで改行、あいう\nで改行できました[手(チョキ)]
PCによっては「\n」ではなく「¥n」の場合もあるようです。

[2]スペース
1301102.jpg
実行結果
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ABC  あいう
続行するには何かキーを押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ABC\tでスペース、あいう\nで改行できました[手(チョキ)]

[3]バックスペース
1301104.jpg
実行結果
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ABC続行するには何かキーを押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ABCD\bでDが消えてバックスペースできました[手(チョキ)]

[4]警告音
1301103.jpg
実行結果
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
PCからピッーと音が鳴って
続行するには何かキーを押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

\aで警告音が鳴りました[手(チョキ)]

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

printfについて1 [printfについて]

昨日、Visual C++ 2010にて
「Hello world」を表示させることに成功しました。
今日は、他の文字を表示させてみたいと思います。
昨日のプログラムは
1301091.jpg

実行結果
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Hello World続行するには何かキーを
押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

でした。つまり、

printf("@@@@@");の

”@@@@@”のところに入れた文字が表示されると
言うことだと思います。

[1]ひらがな表示
1301092.jpg
実行結果
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あいうえお続行するには何かキーを
押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ひらがな表示できました[手(チョキ)]

[2]カタカナ表示
1301093.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
実行結果
アイウエオ続行するには何かキーを
押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カタカナ表示もできました[手(チョキ)]

[3]記号表示
1301094.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
実行結果
!#$%&'()=~|\@[]:;,.?_続行するには何かキーを
押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

記号も表示されました[手(チョキ)]

[4]漢字表示
1301095.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
実行結果
2013年1月9日続行するには何かキーを
押してください・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

漢字も表示されました[手(チョキ)]

ひらがな、カタカナ、記号、漢字、英語は
表示できました[exclamation]
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Hello World [printfについて]

今日はVisual C++ 2010 を使用して

プログラムを書いてみたいと思います。

まず最初は「Hello World」を表示させるのが

お決まりのようです。

プログラムを書く画面までの操作は

http://kaihatu2.blog.so-net.ne.jp/2012-12-31

の手順で行います。

①プログラミング
1301081.jpg
Hello Worldを表示させるプログラムは
上記のように書くそうです。
よくわかりませんがとりあえず
書いてみました。

②デバッグ→ソリューションのビルド
1301082.jpg
プログラムを書いたらビルド(組み立て)
しないとそのプログラムを実行できない
みたいです。

③ビルドの結果
1301083.jpg
1 正常終了、0 失敗、0 更新不要、0スキップ
となっていれば問題ないそうです。
ということで、問題ないですね。

ちなみにわざと
「 printf("Hello World"); 」を
「 printf("Hello World")  」として
「;」を削除してビルドすると
1301088.jpg
0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0スキップ
となり、失敗に「1」が付きました。

④デバッグ開始
1301084.jpg
矢印をクリック又は「F5」を押すと開始するようです。

⑤デバッグ開始結果
1301085.jpg
出力の所に色々書かれてます。
最終的には「~終了しました。」
となっているため終了したみたいです。
「Hello World」が表示されない[もうやだ~(悲しい顔)]

調べてみると、一瞬表示されているようです。
常に表示させるには「Ctrl + F5」でデバッグを
開始するそうです。

⑥「Ctrl + F5」でデバッグ開始
1301086.jpg
おお、なんか黒い画面が出てきました。

⑦「Ctrl + F5」でデバッグ開始結果
1301087.jpg
「Hello World続行するには何かキーを
押してください・・・」
と表示されました[exclamation]
成功です[exclamation×2]
何かキーを押して黒い画面を消すと
デバッグの終了となります。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
printfについて ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。