So-net無料ブログ作成

型について(float)5 [型について]

今日はfloat型です。

小数点が代入できる型です。

型:float
変数:a,b,c,d,e,f
出力データ変換形式:%f

でプログラムを組んで確認したいと思います。
13012301.jpg
実行結果
13012302.jpg
・自動的に小数点以下が6桁となりました。
・小数点以下は6桁までしか表示されませんでした。
・左から7桁目の数字は8桁目を四捨五入されました。
(正確な数字は7桁までしか表示されませんでした。)

小数点以下の桁数を増やすには
「.桁数」で小数点以下の桁数を指定します。
例:printf("%.20f",a);

プログラムを組んで確認してみます。
13012303.jpg
実行結果
13012304.jpg
小数点以下の桁数が7、8、9・・・・12となりましたね。

ところで、桁数を増やしてもやはり7桁までしか
正確な数字が表示されません。
これはどうしてでしょうか?
色々調べましたが難しくてすぐには解りませんでした。
あとでゆっくり調べてみます。

ということでfloat型をまとめると
・小数点以下の桁が代入可能
・正確な表示は7桁までとなる
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。